主催:王寺町観光協会 共催:奈良県 後援:読売新聞社
協力:聖徳太子プロジェクト推進協議会
※聖徳太子プロジェクト推進協議会では、奈良県と太子ゆかりの23市町村が連携して聖徳太子関連歴史文化資源の活用に取り組んでいます。

【感染予防対策について】

  • 次の症状がある方は、来場をお控えください。
  • 37.5度以上の発熱がある方、また発熱が続いている方
  • 風邪の症状(発熱・咳・くしゃみ・喉の痛みなど)がある方
  • 新型コロナウイルス陽性判定を受けている方、現在医師に自宅待機指示を受けている方
  • 身近に新型コロナウイルス感染症の患者や濃厚接触者がいる方
  • 政府が入国制限措置を設けている国・地域から日本へ帰国後、14日間経過していない方
  • その他、体調に不安がある方
  • 厚生労働省が推奨する、新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)の登録にご協力をお願いします
  • イベント当日はご自宅で検温をお済ませの上、マスクを付けてご来場ください。マスクを着用していない方のご入場はお断りさせていただきます。公演中、退場時もマスクの着用をお願いします
  • 会場内では咳エチケットへのご協力、こまめな手洗い、手指消毒の徹底をお願いします
  • 入場時に検温を実施します。37.5度以上の発熱がある方の入場はお断りさせていただきます
  • 会場内では、お客様同士の密集を避け、適度な距離の確保を心がけていただきますよう、ご協力お願い致します
  • 講演会場で感染症発生の可能性があった場合や地方自治体や保健所から開示要請があった場合、接触者特定の目的として、指定機関へ個人情報提供をさせていただきます

お申し込みはこちら

プログラム

第1部 基調講演(約60分)
聖徳太子の実像と片岡の飢人伝承

吉村 武彦 氏(明治大学名誉教授)

聖徳太子らは、隋と対等外交をめざし、仏教興隆と冠位十二階などの国づくりに励みました。
片岡(王寺町)には、飢人伝承の偉人譚もあります。聖徳太子はどんな人物だったかを紐解きます。

第2部 講談(約35分)
聖徳太子と愛犬ゆきまる

川本 三栄子 氏(王寺町観光・広報大使、上方講談師 旭堂南歌)

達磨寺に伝わる聖徳太子の愛犬・雪丸の伝承から生まれた童話を講談でお楽しみいただけます。
聖徳太子と雪丸の心温まる物語をご堪能ください。

第3部 パネルディスカッション(約35分)
聖徳太子の実像と伝承

<パネリスト>
吉村 武彦 
澤田 瞳子 氏(小説家)
平田 政彦 氏(斑鳩町教育委員会参事)
岡島 永昌 氏(王寺町文化財学芸員)

<コーディネーター>
関口 和哉 氏(読売新聞大阪本社 橿原支局長)

お申し込み方法

①〒・住所②氏名(ふりがな)③電話番号④メールアドレス⑤職業⑥年齢➆参加人数(代表者含む)を明記の上、下記のいずれかの方法でお申し込みください。当選発表は参加証をもって代えさせていただきます。

締め切り:12月4日(金)事務局必着

※はがき、FAX、WEBとも重複してお申し込みの場合、いずれか1通を有効とさせていただきます。
※応募多数の場合、抽選とさせていただき、当選結果は実施の10日程度前までに郵送します。
※お申し込みいただいた個人情報は、本イベントのみ使用させていただきます。
※参加人数が複数名となる場合、同伴者の名前、間柄、メールアドレスをご記入ください。

お申し込みはこちら

はがき

〒550-0012 大阪市西区立売掘1-8-6 星和シティビル本町西7階
「奈良・王寺町観光PR歴史講座」係

FAX

06-6537-1410

会場

有楽町朝日ホール(東京都千代田区有楽町2-5-1 有楽町マリオン11F)

  • ●JR(山手線・京浜東北線)有楽町駅 中央口または銀座口
  • ●東京メトロ銀座線・日比谷線・丸ノ内線「銀座駅」C5出口
  • ●東京メトロ(有楽町線)有楽町駅 D7出口
  • いずれも徒歩1~2分

【お問い合わせ】
「奈良・王寺町観光PR歴史講座」事務局
TEL:050-6861-6320
(平日10時~17時)