血栓症予防啓発シンポジウム 冬に高まる、脳梗塞・心筋梗塞のリスク!~ナットウキナーゼで血栓をつくらない体に~

ホーム > 特集

パネルディスカッション (一部要約・抜粋)

 プロフィル 

辛坊  治
 1980年早稲田大学法学部卒業。読売テレビ放送でアナウンサー、報道局情報番組部長、解説委員長を経て、2010年から現職。大阪綜合研究所代表を務める傍ら、キャスター、ニュース解説を担当する。


浜岡  隆文
 東京医科大学大学院医学研究科修了。1996年第1回ヨーロッパスポーツ科学学会若手研究者賞などを受賞。新たなテーマとして、脱水時にナットウキナーゼが凝固線溶系に与える効果について研究を行っている。


中井  美穂
 ロサンゼルス生まれ。1987~95年フジテレビアナウンサー。「世界陸上」(TBS)のメインキャスターを務めるほか、映画・演劇のコラム、イベントの司会、クラシックコンサートのナビゲーター、朗読など幅広く活躍中。


赤星 憲広
 2000年代の阪神タイガースを代表するスタープレーヤーの一人として活躍。外野守備では現役9年間で6回のゴールデングラブ賞を獲得。03~05年は3年連続で60盗塁以上を記録、通算盗塁数381は日本プロ野球歴代9位。

食事と運動、ストレス管理が血栓症予防につながる

  • 血栓症予防啓発シンポジウム 会場

辛坊 血栓症は特に寒い時期に注意が必要ですね?

浜岡 気温差によって循環器系に負担がかかり、血栓症を発症しやすくなります。

辛坊 赤星さんは現役時代、俊足を維持するためにどんなトレーニングをされていましたか?

赤星 ふくらはぎと腿(もも)の裏側の筋肉を鍛えていました。

浜岡 ふくらはぎは第二の心臓といわれるように、ポンプ作用が血行を良くします。適度な運動は血栓症予防に役立ちます。

辛坊 選手時代は相当なストレスがあったのでは?

赤星 急性胃けいれんを起こし、救急病院に搬送されたことがあります。

浜岡 適度なストレスはパフォーマンスを上げますが、大きすぎるとストレスホルモンが血管を収縮させて血液が凝縮し、血栓ができやすくなります。

中井 私の夫(野球解説者の古田敦也氏)も現役時代は薬を飲みながらプレーしていました。

辛坊 選手時代はどのような食生活だったのですか?

赤星 体重を落とさないように、炭水化物と肉をよく食べていました。引退後飲酒はしませんが、悪玉コレステロール値が高めです。

浜岡 血栓症予防には食べる順番も大事です。野菜からたんぱく質、炭水化物の順に食べると太りにくいです。悪玉コレステロールは食物繊維を豊富に含む野菜をたっぷり食べると体外に排出されやすくなります。高齢者はサルコペニア(加齢による骨格筋量の低下)予防のためにたんぱく質をしっかり取ってください。

中井 女性ホルモン量の変化の影響からか最近、体重が増えました。意識して歩くようにしたり、ご飯も少なめにしたりしているのですが。

浜岡 活動量を上げてエネルギー消費を多くすることを心がけるといいですね。

ナットウキナーゼを生活に取り入れて健やかな毎日を

辛坊 皆さんは日ごろから血栓症対策をしていますか?

中井
 血栓症になった家族がいますし、私は観劇が趣味で座っている時間が長いので気になります。ところが、血管年齢を計測すると実年齢より8歳若い45歳という結果が出ました。普段からナットウキナーゼを飲んでいるのが関係しているかもしれません。

高岡
 冬のこの時期、脚のむくみを感じる人は多いですが、血流が滞ってドロドロになっているかもしれません。ひどくなるとエコノミークラス症候群を引き起こすリスクがあります。当協会が考案した「血栓予防サラサラ体操」を声を出しながらやっていただくことをおすすめします。

辛坊
 基調講演でナットウキナーゼについての説明がありましたが、赤星さんはご存じでしたか?

赤星
 初めて知りました。今まで納豆との違いがわかりませんでした。

高岡
 納豆には血液凝固作用があるビタミンK2が含まれています。ナットウキナーゼのサプリメントはそれをあらかじめ除去していますので、安心して召し上がっていただけます。

中井
 最近ドラッグストアでよく見かけます。私は毎日、朝と就寝前にひと粒ずつ飲んでいます。朝、なんとなくだるいなあ、という感じがなくなり、腸の調子もよくなってきたような気がします。

高岡
 1日あたりの費用に換算すると150円程度ですので、気軽に始めやすいです。ナットウキナーゼは欧米でも広まりつつあるのですが、偽物も出回っています。正規品には当協会が安全性を確認して推奨する「JNKAマーク」が表示されていますので、購入の際はご注意ください。

中井
 自分が倒れると周りの人が悲しみます。これからはもっと自分自身の体への意識を高めて、“自分カルテ”をつけておきたいです。

赤星
 現役時代は野球のためにトレーニングをしていましたが、引退して9年たった今は病気の不安が出てきました。僕も血栓症の予防のためにナットウキナーゼを食生活に取り入れてみたいです。

浜岡
 生活習慣病の予防が血栓症のリスクを減らします。バランスよくしっかり食べて、体を適度に動かしましょう。お酒は1合程度ならOK、喫煙は厳禁です。

辛坊
 本日は大変、勉強になるお話を聞かせていただきました。生活習慣を改善すると同時にナットウキナーゼをうまく生活に取り入れ、健やかな日々を送りたいものですね。


お問い合わせは 0120-207-970