女性がより活躍できる社会へ

「女性活躍推進法」施行 現状と課題は

  • 一般財団法人女性労働協会
    第三事業部 部長
    小林 恭子さん

 少子高齢化が進み、労働力人口が減るなか、国は経済力の持続的発展を目指し、女性の労働力を重視しています。育児や介護との両立支援の制度や職場環境が整備され、女性の就業率は7割近くまで上昇しました。しかし、実際には第一子の妊娠・出産を機に約5割の女性が離職しています。正社員の場合は出産後も働き続ける割合は高いのですが、復職後のステップアップが問題です。日本は、女性管理職の割合がまだまだ低いのが現状です。そもそも、女性の採用数は男性より少なく、就職しても育成の過程で男性との間に格差があるように感じます。研修制度がなく、ロールモデルになる女性上司もいなければ、女性は経験を積むことができず、意欲やスキルアップの機会を失ってしまいます。

仕事と生活の両立 企業マネジメントのポイントは

 企業側は現状把握が大切です。管理職の割合、有給休暇、育児休業の取得率などを男女別で数値化してください。「見える化」で、長時間労働が評価されていたり、休暇がとれなかったりなど様々な働き方の課題が浮かび上がります。次に改善です。企業風土や文化の改革、男性社員の意識改革など価値観の変化が求められます。女性の希望を面談で正確に把握することも大切です。女性の様々なライフイベントにおいて、「妊娠中に体を壊したら」「子育ては大変」と企業側が誤った認識をもってしまうことも問題です。希望に反して責任のある仕事から外してしまうケースもあります。

 中小企業での認知の低さも是正課題ですが、一方でトップの判断が現場にすぐに反映されるというメリットも。自治体などが積極的に情報発信し、経営者の意識変革を促すことは有効です。

学生が就職先を選ぶとき注意すべき点は

 「くるみん」「えるぼし」といった国の認定制度があり、女性が働きやすい職場の目印です。また、「女性の活躍推進企業データベース」では企業の女性活躍推進に関する取り組み状況を簡単に検索できます。最近は大学でもこのような情報を積極的に発信し、就活生の認知度は高くなっています。女性が働きやすい職場づくりは、女性に限らず様々な制約を持つ人が働きやすい社会づくりにつながり、企業自体の価値を高めます。

国の認定制度いろいろ

 厚生労働省や経済産業省では、女性の活躍推進に関する認定事業を進めています。その一部を紹介します。
 
大阪市などの各自治体でも、女性が活躍する企業を応援する認証制度や表彰制度があります。

  • くるみん

 「子育てサポート企業」として、厚生労働大臣の認定を受けた証です。
 次世代育成支援対策推進法に基づき、一般事業主行動計画を策定した企業のうち、計画に定めた目標を達成し、一定の基準を満たした企業は、申請を行うことによって「子育てサポート企業」として、厚生労働大臣の認定を受けることができます。「くるみんマーク」は認定された企業の証です。
 さらに、くるみん認定を既に受け、相当程度両立支援の制度の導入や利用が進み、高い水準の取り組みを行っている企業を評価しつつ、継続的な取り組みを促進するための「プラチナくるみん」認定もあります。
 どちらも広告等に表示し、高い水準の取り組みを行っている企業であることがアピールできます。
 また、学生・求職者の、企業研究の指標の一つとしても活用することができます。

  • えるぼし

 女性活躍推進法では、行動計画を策定し、策定した旨の届出を行った事業主のうち、女性の活躍推進に関する取り組みの実施状況等が優良な事業主は、申請を行うことにより、「えるぼし認定企業」として、厚生労働大臣の認定を受けることができます。
 認定は、基準を満たす項目数に応じて3段階あり、認定を受けた事業主は、認定マーク「えるぼし」を商品や広告、求人票などに使用することができ、女性の活躍を推進している事業主であることをアピールすることができます。

  • なでしこ銘柄

  経済産業省は、東京証券取引所と共同で、2012年度より女性活躍推進に優れた上場企業を「なでしこ銘柄」として選定し、発表しています。
 なでしこ銘柄は、「女性活躍推進」に優れた上場企業を「中長期の企業価値向上」を重視する投資家にとって魅力ある銘柄として紹介することを通じて、企業への投資を促進し、各社の取り組みを加速化していくことを狙いとしています。

  • 新・ダイバーシティ経営企業100選

  経済産業省は、ダイバーシティ推進を経営成果に結びつけている企業の先進的な取り組みを広く紹介し、取り組む企業のすそ野拡大を目指し、「新・ダイバーシティ経営企業100選」として、経済産業大臣表彰を実施しています。
 平成29年度からは、経産省で取りまとめた「ダイバーシティ2.0行動ガイドライン」をもとに、より中長期的に企業価値を生み出し続ける取り組みとしてステップアップするべく、「ダイバーシティ2.0」に取り組む企業を「100選プライム」として、新たに選定します。

輝く女性を応援する企業を紹介!

 全従業員が誇りと働きがいを感じ、成長できる会社を目指して

三洋化成工業株式会社

 当社は法定を上回る育児休業、時間単位有給休暇などさまざまな職場環境整備に取り組み、仕事と育児の両立支援を進めています。研修会への参加など女性社員の計画的な育成も行い、2017年度には「プラチナくるみん」の認定を受けました。
 本年度には当社初の女性社外取締役やメンバーの大半を女性とした社長直轄の化粧品プロジェクトが誕生。多様な人材にいきいきと活躍してもらうことにより新たな価値・ソリューションの創出を行っていきます。

https://www.sanyo-chemical.co.jp/

 女性活躍推進からインクルージョンへ

  • スミセイ情報システム株式会社

スミセイ情報システム株式会社

 「女性のキャリア支援」「働きやすい環境づくり」などを行動計画に掲げ、新たなワークスタイルを希求した先に、「えるぼし(最上位)」「プラチナくるみん」の認定がありました。一人ひとりが様々な制度を活用し、限られた時間で最高のパフォーマンスを発揮できるようスキル向上に励んでいます。今後も、性別や年齢を超えて多様化する価値観を共有し、変化に柔軟に対応する会社であり続けます。

http://www.slcs.co.jp/

 フレックスタイム制導入でライフスタイルに合わせた働き方を

  • 日本新薬株式会社

日本新薬株式会社

 当社では早期から、女性の活躍推進を会社のミッションと位置付け、取り組んできました。
 その推進活動の一環として、今年1月からMR(医薬情報担当者)職にフレックスタイム制度を導入し、始業・終業時刻を自らの業務計画に沿って柔軟に設定できるようにしました。
 ライフスタイルに合わせた働き方が実現できるようになったことで、仕事の生産性が高まったと考えています。

http://www.nippon-shinyaku.co.jp/

 社是は「仕事を楽しむ」 自然と育まれた互いに協力する体制

  • メック株式会社

メック株式会社

 当社は1969年の創業当時から「男女とも機会は均等にあるべき」と考え、性別の区別なく、必要な人材を積極的に採用するという方針を持っています。
 この考え方は引き継がれ、具体的な目標数値を設けることや、意識的に男女の均等を推進せずとも、均等に活躍できる企業風土があります。社是「仕事を楽しむ」のもと、社員一人ひとりが多彩な能力を存分に発揮できるよう環境を整えることが、企業発展の礎だと考えています。

http://www.mec-co.com/