来春卒業予定の大学生に対する採用活動が始まりました。長時間労働の是正や多様な働き方の実現といった「働き方改革」が進む中、女性が長く活躍できる環境は一層整ってきています。そこで女性のキャリア形成から見た就職先の選び方について、関西学院大学准教授の大内章子さんにお話を聞きました。

キャリア形成につながる「自己効力感」

 女性がキャリアを形成していくうえで、結婚や出産、育児といったライフイベントにいかに向き合い、人生設計をしていくかは大きな課題です。
 私は現在、女性の仕事復帰や起業を支援するプログラムや、女性リーダーを育成する取り組みの企画運営に携わっています。職種、労働環境はさまざまですが、キャリアを着実に重ねてきた女性に共通している点は「自己効力感」が高いということです。
 「自己効力感」とは困難な局面にあっても、きっと自分は乗り越えられるという自己に対する信頼感のことです。時に修羅場をくぐり抜け、仕事のスキルや経験を身につけることなどによって芽生えます。

就職先選びの心構え

 近年、「ワーク・ライフ・バランス」という言葉が浸透し、就職先を選ぶ際に福利厚生など待遇面を重要視する女性は少なくありません。もちろんそれも大切ですが、より長いスパンでキャリアを考えるならば、「その企業でどれだけのスキルを身につけることができるか」を基準に選ぶことが不可欠です。
 「自分はこういう仕事がしたい」というビジョンを持って就職しても、実際には想定外の仕事もこなさなければなりません。そこで「こんなはずじゃなかった」と落胆するのではなく、「自分が成長できるチャンスかもしれない」ととらえ、実践していくことで「自己効力感」が育成されます。それはその人にとって将来、ステップアップする土台になり、結婚や出産などを経て働き続けることができる大きな力にもなり得ると思います。

やりたいと思った時にチャレンジを

 「くるみん」「えるぼし」「なでしこ銘柄」「新・ダイバーシティ経営企業100選」など、国が女性の活躍推進に積極的に取り組む企業を認定する事業も進んでいます。これから就職・復職したいと考えている女性はこれらの認定制度を参考にしつつ会社訪問をしたり、ホームページなどでより詳細な情報を入手するなどして、自分のキャリアデザインに合う会社かどうかを見極めてほしいと思います。仕事はやりたいと思った時がチャンスです。今は女性のネットワークも広がっています。輝く人生に向けてぜひ一歩踏み出し、チャレンジしてください。

 

Profile

(おおうち・あきこ)総合商社での勤務を経て、慶應義塾大学大学院商学研究科修了。商学博士。2005年から現職。女性総合職のキャリア形成に詳しい。大学で女性の仕事復帰・起業支援や、女性リーダーの育成を目的とした「ハッピーキャリアプログラム」 を企画運営。

輝く女性を応援する企業を紹介!

女性職人の安心は未来につながる安心
株式会社KMユナイテッド (1950年創業 竹延グループ)

 「私、塗装の仕事を続けて大丈夫でしょうか?」。妊娠や健康面での不安を抱える女性職人の声をきっかけに、建設業界では一般的なシンナーなどの有機溶剤の使用をやめ、水性塗料に切り替えました。また「10年で一人前」という業界の固定観念を覆し、スマートフォンで熟練職人の技能を疑似体験学習するなどして「3年で一人前」を目指す育成システムを構築。このほか、時短導入、夫婦同席面談、全員正社員化など、業界の常識を一から見直し、女性が安心して働き続けられる職場づくりに努めています。

株式会社KMユナイテッドホームページ

 

「えるぼし☆☆☆」と「くるみん☆☆☆」
スミセイ情報システム株式会社

 「女性が働きやすい会社は男性も働きやすい!!」という考えのもと、安心して長く活躍できる環境づくりに取り組んでいます。入社後5年間、業界トップクラスの研修体系で「一人前のSE」に成長。節目節目のキャリア研修で〝人生と仕事〟について考えます。一人ひとりを応援する様々な制度を活用して多くの女性が活躍中。ライフイベントに応じて、先輩ママや家族と共にあなたらしい働き方を応援します。これからも全社員が人生と仕事を楽しめる会社を目指し、社員と共に歩んでいきます。

スミセイ情報システム株式会社ホームページ

 
 

じわじわ効くサプリのように女性のステップアップを応援
日本新薬株式会社

 「一人ひとりが成長する」ことを経営方針の一つとしている日本新薬では、部門や年代の異なるメンバーが集まり、2011年に『マルエヌサプリ』プロジェクトをスタートさせました。ステップアップしたい女性の成長を応援することを目的に、女性幹部職交流会や社外講師によるセミナーなどを開催しています。 
 また、京都の企業16社の女性活躍推進担当者による交流会「Team Spring!」を発足し、社外との情報交換も進めています。「くるみん」も取得し、仕事と育児の両立支援にも力を入れています。

日本新薬株式会社ホームページ