HOMEリレー活動    

-オンライン東北ツアー- 震災、いのち、人のつながり〜被災地の今

阪神エリアに住む子どもたちが被災地を訪問・交流し、震災の教訓を語り継ぐ「未来へ紡ぐリレープロジェクト」。今回は東日本大震災10年を前に「オンライン東北ツアー」を開催しました。(2月11日、ビデオ会議システムZoomで開催)

釜石から

中学生当時、岩手県・釜石で津波を目の当たりにした菊池のどかさんが講師です

>>こちら

  •  
     
     
     

気仙沼から

震災後にボランティアで訪れた宮城県・気仙沼に東京から移住した根岸えまさんが講師です

>>こちら

-オンライン防災学校- 熊本豪雨 被災地の最前線から

 2020年、新型コロナウイルスによる感染症が世界中に広がりました。7月4日未明から熊本を襲った集中豪雨(令和2年7月豪雨)の被災地では、感染リスクに配慮しながら、避難や支援が行われています。「未来へ紡ぐリレープロジェクト」のジュニア記者が、熊本の避難所取材と災害対応ゲーム「クロスロード」を通じ、「支援する側」と「支援される側」の両面について学ぶ【オンライン防災学校】。さあ、授業のはじまりです。(8月10日、ビデオ会議システムZoomで開催)

 1時限目 「令和2年7月豪雨」と『カタリバ』

熊本豪雨(令和2年7月)で被害の大きかった人吉市の避難所でのコロナ対策や、これまでの被災地との違いについて学びました

>>こちら

  •  
     
     
     

 2時限目  クロスロードゲームを体験しよう ~その時、どっちを選ぶ?~

災害時の二者択一の設問について、自分の考えを<YES><NO>のカードで示し、その理由について意見交換するゲームに取り組みました

>>こちら

備えるために

  • 坂 茂さん

備える意識~災害の教訓~ 建築家・坂 茂氏

世界的な建築家である坂 茂さんが、被災地や難民への住居支援を続けているその思いとは……

>>こちら

  • 辻直美さん

なお先生の防災講座 国際災害レスキューナース・辻 直美氏

国際災害レスキューナースの辻直美さんに、生きのびるための心構えをお聞きしました

>>こちら

神戸から

  • 体験者の声 語り継ぐ

体験者の声 語り継ぐ

阪神高速湾岸線下にある震災資料保管庫(神戸市東灘区)を見学しました

>>こちら

気仙沼から

  • 未来へ紡ぐリレープロジェクト 畠山健介×熊谷育美「思いのカタチ」

畠山健介×熊谷育美「思いのカタチ」

震災時の思いや、伝えることの大切さについて語り合いました

>>こちら

子どもたちから

  • 未来へ紡ぐリレープロジェクト 震災の教訓 受け継いで

震災の教訓 受け継いで

未来へ紡ぐリレープロジェクトにかかわった子どもたちに、防災への意識の変化や新たな取り組みについて聞きました

>>こちら

宮城→神戸

熊谷育美さん講演会&ライブ「伝える、ということ」

日本語English

2018年1月17日 神戸国際中学・高等学校で開催された、
宮城県出身のシンガーソングライター熊谷育美さんの講演会&ライブの模様と、
熊谷さんのインタビュー

講演会を聞いて

日本語English

熊本から

阿蘇だより

日本語English

「阿蘇の灯」の林風笑さんから、未来へ紡ぐリレープロジェクトの子ども記者たちへメッセージをいただきました