第74回正倉院展関連講座 イメージ画像

第74回正倉院展(2022年10月29日~11月14日、奈良国立博物館)の開催に先立ち、以下の通り、関連講座を実施いたします。

»正倉院展講座 in 東京
※募集は終了しました

【日時】9月25日(日)午後1時30分~(午後1時開場)
【会場】読売新聞東京本社3階「新聞教室」(東京都千代田区大手町1-7-1)
【応募期間】9月8日(木)必着

»詳しくはこちら

»正倉院展講座 in 大阪
※募集は終了しました

【日時】10月9日(日)午後1時30分~(午後1時開場)
【会場】読売新聞大阪本社地下1階「ギャラリーよみうり」(大阪市北区野崎町5-9)
【応募期間】9月15日(木)必着

»詳しくはこちら

【日時】10月29日(土)、11月12日(土)いずれも午後1時30分~(午後1時開場)
【会場】奈良国立博物館 講堂(奈良市登大路町50)
【応募期間】9月26日(月)~10月11日(火)必着

»詳しくはこちら

応募フォームボタン

ご注意

・関連講座の参加証で正倉院展会場に入場することはできません。展覧会をご覧になる方は入場券(前売日時指定券)を事前にご購入ください。当日券の販売はありません。
・はがき1枚につき1講座のお申し込みとなります。
・消せるボールペンは使用しないでください。
・お預かりした個人情報は、本関連講座の連絡のみに使用します。

問い合わせ

読売新聞大阪本社文化事業部 正倉院展関連講座係
(電話06-7732-0063=平日午前10時〜午後5時)

正倉院展講座 in 東京

日時 9月25日(日)午後1時30分~(午後1時開場)
会場 読売新聞東京本社3階「新聞教室」(東京都千代田区大手町1-7-1)»Googleマップ
【定員50人】(事前申込制)※応募多数の場合は抽選
主催・協力 主催:読売新聞社 協力:奈良国立博物館
講演内容

「今年の正倉院展の見どころ」
講師:三本周作 氏(奈良国立博物館研究員)

「Nara観光コンシェルジュおすすめの奈良」
講師:友松洋之子 氏(奈良まほろばソムリエの会/Nara観光コンシェルジュ)

 

  • 三本周作氏画像

三本周作 氏(奈良国立博物館研究員)
大阪府生まれ。和歌山県教育庁文化遺産課技師を経て、2018年より現職。博物館では、経箱・厨子・密教法具といった仏教工芸品の保存・調査研究・展示を担当している。

  • 友松洋之子氏画像

友松 洋之子 氏(奈良まほろばソムリエの会/Nara観光コンシェルジュ)
2009年に奈良にて観光ガイドを始める。2012年、奈良まほろばソムリエ合格。2016年、第1回 Nara観光コンシェルジュアワードにて最優秀賞を受賞。現在もNPO法人奈良まほろばソムリエの会や奈良ガイド協会などでガイドの活動を続けながら、テレビや講演などでも幅広く奈良の魅力を発信している。

「正倉院展講座 in 東京」の応募方法

-「正倉院展講座 in 東京」の募集は終了しました—

料金

聴講無料

応募期間

8月30日(火)〜9月8日(木)(必着)

応募方法

下記の応募フォームから。

あるいは、はがきに代表者の郵便番号、住所、氏名、年齢、電話番号と同伴者(1名まで)の氏名、年齢、参加希望日を書いて、〒539-0041(住所不要)読売新聞大阪本社文化事業部「正倉院講座in東京」係へ。ご質問があれば書き添えてください。ファックス(06-6366-2370)でも受け付けます。

参加証の送付

当選者には、9月16日(金)までに参加証をお送りします。当日必ずご持参ください。

◆ ◆ ◆

正倉院展講座 in 大阪

日時 10月9日(日)午後1時30分~(午後1時開場)
会場 読売新聞大阪本社地下1階「ギャラリーよみうり」(大阪市北区野崎町5-9)»Googleマップ
【定員50人】(事前申込制)※応募多数の場合は抽選
主催・協力 主催:読売新聞社 協力:正倉院文書研究会
講演内容

「第74回正倉院展 今年の見どころ」
講師:杉本一樹 氏(宮内庁正倉院事務所元所長)

「正倉院文書にみる古代役人の言葉と表現」
講師:桑原祐子 氏(奈良学園大学名誉教授)

  • 杉本一樹氏画像

杉本一樹 氏(宮内庁正倉院事務所元所長)
1957年生まれ。1983年に宮内庁正倉院事務所に入所し、保存課長などを経て2008年から2017年に宮内庁正倉院事務所長。現在は同事務所宝物調査員。専門は日本古代史で、正倉院に伝わる文書の研究の第一人者として知られている。著書に『正倉院』(中公新書)、『正倉院の古文書(日本の美術440号)』(至文堂)、『日本古代文書の研究』(吉川弘文館)、『正倉院 あぜくら通信』(淡交社)など。

  • 桑原祐子氏画像

桑原祐子 氏(奈良学園大学名誉教授)
1956年、京都市生まれ。奈良女子大学大学院博士課程退学。博士(文学)。奈良産業大学(現奈良学園大学)准教授・教授を経て現在に至る。専門は国語学で、正倉院文書の国語学的研究を行っている。著書に『正倉院文書の国語学的研究』(思文閣出版)、共著に『上代写経識語注釈』(勉誠出版)、『正倉院文書の歴史学・国語学的研究』(和泉書院)、『古代の文字文化』(竹林舎)、『〈洗う〉文化史』(吉川弘文館)など。

「正倉院展講座 in 大阪」の応募方法

-「正倉院展講座 in 大阪」の募集は終了しました—

料金

聴講無料

応募期間

8月30日(火)〜9月15日(木)(必着)

応募方法

下記の応募フォームから。

あるいは、はがきに代表者の郵便番号、住所、氏名、年齢、電話番号と同伴者(1名まで)の氏名、年齢、参加希望日を書いて、〒539-0041(住所不要)読売新聞大阪本社文化事業部「正倉院講座in大阪」係へ。ご質問があれば書き添えてください。ファックス(06-6366-2370)でも受け付けます。

参加証の送付

当選者には、9月27日(火)までに参加証をお送りします。当日必ずご持参ください。

◆ ◆ ◆

公開講座①

日時 10月29日(土)午後1時30分~3時(午後1時開場)
会場 奈良国立博物館 講堂(奈良市登大路町50)»Googleマップ
【定員90人】(事前申込制)※抽選による座席指定制です。
講演内容

「正倉院宝物の保存―宝物を覆う―」
講師:髙畑誠 氏(宮内庁正倉院事務所保存課保存科学室員)

公開講座②

日時 11月12日(土)午後1時30分~3時(午後1時開場)
会場 奈良国立博物館 講堂(奈良市登大路町50)»Googleマップ
【定員90人】(事前申込制)※抽選による座席指定制です。
講演内容

「正倉院の仏具―奈良時代の寺院と法会の世界―」
講師:三本周作 氏(奈良国立博物館学芸部研究員)

「正倉院展公開講座」の応募方法

料金

聴講無料 ※展覧会観覧券等の提示不要

応募期間

9月26日(月)~10月11日(火)(必着)

応募方法

下記の応募フォームから。

応募フォームボタン

あるいは、はがきに代表者の郵便番号、住所、氏名、年齢、電話番号と同伴者(1名まで)の氏名、年齢、参加希望日を書いて、〒539-0041(住所不要)読売新聞大阪本社文化事業部「第74回正倉院展」公開講座係へ。ファックス(06-6366-2370)でも受け付けます。

参加証の送付

当選者には、10月19日(水)までに参加証をお送りします。当日必ずご持参ください。