TOPへ戻る

よみうりオレンジアクション・キャンペーンとは

 65歳以上の日本人の5人に1人が認知症になるといわれる2025年。家族の誰かや友人・知人、もしくは自分自身が、いつ何時、認知症になっても不思議ではない時代が訪れようとしています。

 わたしたちが目指すべきは、たとえ自分や家族が認知症になっても前向きに安心して暮らせる社会。認知症の人も、支える人も、誰もがいきいきと「自分らしく、ともに生きる」――そんなネットワーク作りが求められているといえます。

 「よみうりオレンジアクション・キャンペーン」では、認知症支援のシンボルカラーであるオレンジ色をモチーフに、認知症への理解を深め、高齢者にやさしい地域づくりのためにできることを考えていきます。

 認知症を“ともに”生きる時代、本キャンペーンを通して、私たち一人ひとりができることを行い、共感できる「仲間」を増やし、豊かな未来へと向かうことができれば幸いです。

読売新聞大阪本社