TOPへ戻る

 認知症は特別な病気ではなく、年をとれば誰にでも起こりうる身近な疾患。2025年には国内で700万人を超え、65歳以上の高齢者の5人に1人が患うと予想されています(厚生労働省の推計)。大切なのは、医師や家族だけでなく友人・知人も含め、周囲のサポートに他なりません。いかにお互いが支え合い、前向きに生きていくために何ができるのか、大阪国際がんセンター脳循環内科部長の大江洋史先生に聞きました。

最も多いアルツハイマー型

早期発見が重要課題

 認知症になると、物忘れなどの軽い症状から始まり、道に迷う、服が着られないなどの視空間認知障害が起こります。進行すると判断能力が低下し、会話が理解できなくなる失語症状、最終的には人格変化、引きこもりや徘徊(はいかい)が起こる場合もあります。もちろん物忘れは加齢によっても起こります。何かヒントを出されて思い出すことができれば、加齢によるものと考えてよいでしょう。

 認知症にはいくつかの種類があります。日本では、以前は脳梗塞や脳出血が原因で起こる「脳血管性」が多かったのですが、最近は欧米と同じく「アルツハイマー型」が最多となっています。このほか、「前頭側頭型」「レビー小体型」などがあります。

 有効な治療法はタイプによって異なります。認知症の前段階といわれる軽度認知障害(MCI)で発見して早期治療を試みるのが我々の目標ですが、初期症状での診断は難しく、経過観察を繰り返しながら治療にあたります。65歳未満の若年性認知症では、進行が早いので早期発見がとても重要なのですが、うつ病と誤診されてしまうケースも多く、注意が必要です。

より丁寧な日常を

医師と取り組む治療

 現在、認知症にならない方法というのは分かっていませんが、発症リスクを抑える生活習慣はあります。糖尿病や高血圧、動脈硬化など生活習慣病に対する正しい知識を持ち、適度な運動、正しい食生活、人との接触、知的活動を心がけましょう。ビタミンCやE、βカロテン、ポリフェノールを多く含む食品を取ることを意識した食事をこころがけましょう。喫煙、飲酒は発病リスクを高めます。

 睡眠も大切です。アルツハイマー型患者の多くは、異常たんぱく質のアミロイドβが脳内に蓄積し、認知機能や血流が低下しているのです。深い睡眠でこのアミロイドβが減少することが確認されています。現在使用されている4種類の治療薬は、病状の進行を遅らせるのが目的で根本治療ではありません。予防の観点では、神経細胞が死滅し、症状が出る前に蓄積を抑えることが必要です。研究段階ですが、原因物質であるアミロイドβの働きを抑制するワクチンも開発されています。

家族とともに歩む

自分らしく生きる

 認知症の進行を遅らせ、患者が快適に生活するためには、家族の協力が欠かせません。接する際には、本人の尊厳を傷つけないよう、発病前の生活や社会的地位を尊重してください。例えば物がなくなったと訴えてきたとき、まず一緒に捜し、「ないね」と共感すること。信頼関係を築くことが大切です。

 社会とのつながりも必要です。聴覚、嗅覚などの五感に訴えるのがよいとされ、会話や触れ合いが神経細胞を活性化します。足湯やマッサージを取り入れている施設もあります。また、音楽や旅行で過去の記憶を刺激するのも効果があるとされています。

 認知症になっても自分らしく生きられる時間を長くすることができれば、介護をする人の負担軽減にもつながります。私は日常的にウォーキングをしていますが、気分を明るくする効果があり、おすすめです。発症しても食事をする喜びを得るため、歯を大切にするよう患者さんには伝えています。家族と認知症になった場合のことを話しておくなど、生活の中で準備をしておくといいでしょう。

よ み う りオレンジアクション・キャンペーン

 よみうりオレンジアクション・キャンペーンは、認知症の人も含めた誰もが「自分らしく、ともに生きる」社会づくりを目指す取り組みです。認知症支援のシンボルカラーであるオレンジ色をモチーフに、一人ひとりができることを行い、共感できる仲間を増やすことを目指します。

 もし自分や家族が認知症になったら、どのように生きたいですか。認知症の人も、支える人も、いきいきと自分らしく生きるみんなの決意「マイ・オレンジ宣言」を募集しています。

投稿はこちらから → 「マイ・オレンジ宣言」募集中!