HOME > 瀬戸内の魅力を発信 PAGE1 > 瀬戸内の魅力を発信 PAGE2

  • 挑むKANSAI

瀬戸内の魅力を発信
再生と成長循環に期待―「せとうちDMO」

2020年3月5日 読売新聞大阪本社版朝刊

瀬戸内から全国へ、世界へ
ものづくり分野の注目企業

瀬戸内エリアは、工場用の土地も多く、ものづくりメーカーが多く集まります。本業だけでなく、地域活性化にも一役買っている地元企業を紹介します。

田窪工業所(愛媛県西条市)
1946年創業の物置メーカー。デザインと使い勝手の良さを両立した製品を企画開発し、「タクボ物置」として、全国のホームセンターなどから高い評価を受ける。愛媛ものづくり企業「スゴ技」データベースにも登録されている。
https://www.e-ty.co.jp/

サタケ(広島県東広島市)
1896年創業。日本初の動力式精米機を製作したことで知られる。現在は、精米、選別、炊飯などの業務用機械を幅広く取り揃える。東広島市豊栄町では、古民家を再生し、地域の情報発信・交流拠点とする活動も支援する。
https://satake-japan.co.jp/

レクザム(香川県高松市)
1960年設立。電子技術を核に、眼科医療機器からスキーブーツや地ビールまで多彩な製品を生み出す。本社は大阪だが、9つの生産拠点はすべて香川と愛媛。文化・スポーツ施設の命名権も取得し、社名は地域に親しまれている。
https://www.rexxam.co.jp/

瀬戸内・食の通販サイト「島と暮らす」
せとうちDMOのグループ企業が運営する、瀬戸内7県の魅力的な食材・食品のお取り寄せができるECサイト。瀬戸内おみやげコンクールの特設コーナーも設置、今後は瀬戸内7県の商品をより多く取り揃えていく。下記2商品の購入も可能。
(株)島と暮らす
兵庫県淡路市大磯6番地
TEL:0120-732-081
https://www.shima-life.jp/

  • 牡蠣

広島湾で育った「特選・奈佐美牡蠣」
昭和初期創業、広島牡蠣老舗の寺本水産の牡蠣。強流速清浄海域と呼ばれる奈佐美瀬戸の常に清潔な海中で育った牡蠣は、生で食べることができ、身が大きくてぷりぷり感が絶品。
生産者/(有)寺本水産
広島県江田島市沖美町美能999-1

  • はっさく大福

瀬戸内おみやげコンクール2019(菓子・スイーツ)最優秀賞に選ばれた「元祖はっさく大福」
はっさく発祥の地、広島県因島で『元祖はっさく大福』を作り始めて31年。信頼できる農家と契約した100%因島産のはっさくを白あんで包んだ大福もちは『酸味と苦み、甘みがバランスよく、クリーミーで美味しい』と口コミで人気沸騰。瀬戸内を代表するおみやげに選ばれました。
生産者/(株)かしはら
広島市西区観音町9
TEL:082-208-2236

  • 長者屋

長者屋
古民家の魅力を生かして現代的にリノベーションし宿泊できる施設に。都会の喧騒を離れ、満天の星や自然が楽しめます。
広島県庄原市比和町三河内1528
(一棟貸し切り1組)
TEL:0824-72-3385(庄原市観光協会内)
https://shobara-info.com/1989

  • 四国水族館

四国水族館(今春オープン予定)
瀬戸内海、太平洋、四万十川など、四国ならではのダイナミックな水景の数々を体感できる四国最大級の水族館です。
四国水族館
香川県綾歌郡宇多津町浜一番丁4
TEL0877-49-4590
https://shikoku-aquarium.jp/

  • ガンツウ

guntû
せとうちの海に浮かぶ宿泊施設。木の優しいぬくもりと客室に入った瞬間広がる海原は非日常を満喫できます。
せとうちクルーズ ガンツウ
広島県尾道市浦崎町1364番地6
TEL0120-489-321
https://guntu.jp/

  • ガンツウ

ラズリ
自転車でそのまま乗船できる「サイクルシップ・ラズリ」がしまなみ海道を中心に運行。サイクリストの移動手段に最適です。
(株)瀬戸内クルージング
広島県尾道市東御所町
尾道-生口島(瀬戸田)定期航路
TEL0848-36-6113
https://s-cruise.jp/ship/

2020年3月5日 読売新聞大阪本社版朝刊掲載
挑むKANSAI「瀬戸内の魅力を発信」



※クリックすると拡大画像をご覧いただけます。(約900KB)