重い心臓病から命を救う補助人工心臓と心臓移植とはどんなもので、
どうしたら受けられるのか、どんな問題があるのかを、一緒に勉強してみませんか。

プログラム

 開会挨拶
北村 惣一郎 

  循環器病研究振興財団 理事長
  国立循環器病研究センター 名誉総長

第一部|基調講演 13:35~14:35(60分)

福嶌 教偉
  国立循環器病研究センター 移植医療部長

第二部|パネルディスカッション 14:50~16:10(80分)

福嶌 教偉 
  国立循環器病研究センター 移植医療部長

瀬口 理 
  国立循環器病研究センター 移植医療部医長(重症心不全治療チーム)

堀 由美子 
  国立循環器病研究センター レシピエント移植コーディネーター 人工心臓管理技術認定士

西岡 宏 
  国立循環器病研究センター 臨床工学部 臨床工学技士 人工心臓管理技術認定士

Aさん
  (体外設置型補助人工心臓から心臓移植に)

Bさん
  (植込み型補助人工心臓を着けて待機中)

進行役
渡辺 真理 
  (アナウンサー)

質問への回答 16:10~16:20

アクセス

 大阪ビジネスパーク 円形ホール(大阪市中央区城見2-1-61)
  ● JR・京阪「京橋」駅から徒歩約5分
  ●地下鉄長堀鶴見緑地線「大阪ビジネスパーク」駅から徒歩約1分

応募方法

〒住所、氏名、年齢、電話番号(いずれも代表者のみ)、参加希望人数(1~4人)を明記の上、以下のいずれかの方法でお申し込みください。
シンポジウムに関する質問があれば、あわせてご記入ください。いただいた質問の中から抽選で、パネルディスカッション後にお答えします。個別にはお答えできませんので、あらかじめご了承ください。

はがき

〒539-0027(住所不要)
読売新聞「人工心臓シンポジウム」事務局

FAX

06-6366-2333
※「人工心臓シンポジウム」参加希望と明記ください。

WEB

下記応募フォームよりお申し込みください。

※応募者多数の場合は抽選。当選者には参加証をお送りします。応募に関する個人情報は参加証の発送以外には使用しません。

募集は終了しました