鈴鹿山 (すずかやま)【舁山】

中京区烏丸通三条上ル場之町

 御神体は、伊勢の国鈴鹿峠で人々を苦しめた悪鬼を退治した瀬織津姫尊(せおりつひめのかみ)。真松には多くの絵馬が付けられ、巡行後、盗難除けのお守りとして配られる。「桜図」と「紅葉図」が対をなす胴懸は、フランスで活躍した画家・今井俊満の下絵による綴織。

 

bt02 bt03

bt01