山伏山 (やまぶしやま) 【舁山】

中京区室町通錦小路上ル山伏山町

 ご神体は、山伏の姿をした平安時代中期の天台宗の僧侶・浄蔵貴所(じょうぞうきしょ)。息を引き取った父親の蘇生や傾いた塔を法力で元に戻すなど数多くの伝説を持つ人物。

 

bt02 bt03

bt01