関西みちフォーラム2020

 関西の発展を支えてきた道路網。日本初の高速道路開通から55年が経ち、老朽化が進行。大規模な更新・修繕事業が始まっています。また、年々激甚化する自然災害への備えとしても、道路インフラ整備の重要度は、ますます高まっています。
 ポストコロナ時代――。道路政策によって実現を目指す、関西の“持続可能な暮らし”について検証、考察するシンポジウムを実施します。

主催:読売新聞社
後援:国土交通省近畿地方整備局、関西経済連合会、関西経済同友会
協賛:西日本高速道路株式会社、阪神高速道路株式会社

新型コロナウイルス感染症対策について

本セミナーは新型コロナウイルス感染対策を講じた運営体制のもと実施します。
来場される方にもマスクの着用・アルコール消毒・検温などのご協力をお願いします。
また、当日体調の優れない方は参加をご遠慮ください。

※今後の状況によっては開催を中止する場合があります。その際、当事務局からの個別のご連絡はいたしませんので、恐れ入りますが、最新情報は当サイトでご確認ください。

プログラム※プログラムは変更となる場合がございます

基調講演
人々の生活を彩る道路を目指して


  • 溝口 宏樹 氏

溝口 宏樹  国土交通省近畿地方整備局長

(みぞぐち・ひろき)1988年、京都大学大学院修士課程交通土木工学専攻修了、建設省(現国土交通省)採用。 東北整備局胆沢ダム工事事務所長、大臣官房技術調査課環境安全・地理空間情報技術調整官、内閣府原子力防災担当参事官などを経て、2020年7月より現職。

パネルディスカッション
インフラ整備で創造する関西の未来


◎パネリスト
溝口 宏樹
前川 秀和  西日本高速道路株式会社 代表取締役社長
吉田 光市  阪神高速道路株式会社 代表取締役社長
村尾 和俊  関西経済連合会 副会長、西日本電信電話株式会社 相談役

◎コーディネーター
八木 早希  フリーアナウンサー

  • 前川 秀和 氏

前川 秀和 (まえかわ・ひでかず)
1977年、東京大学工学部卒業後、建設省 (現国土交通省)採用。国土交通省大臣官房技術調査課長、同北陸地方整備局長、同道路局長を歴任、西日本高速道路株式会社取締役常務執行役員、代表取締役副社長執行役員を経て、2020年6月より現職。

  • 吉田 光市 氏

吉田 光市 (よしだ・こういち)
1982年、東京大学経済学部卒業後、建設省(現国土交通省)採用。国土交通省道路局次長、同大臣官房建設流通政策審議官、復興庁統括官、国土交通省大臣官房長、同国土交通審議官などを歴任。2020年6月より現職。

  • 村尾 和俊 氏

村尾 和俊 (むらお・かずとし)
1976年、京都大学法学部卒業後、日本電信電話公社入社。西日本電信電話株式会社京都支店長、同常務取締役経営企画部長、代表取締役副社長を経て、2012年に代表取締役社長、18年6月より現職。また、18年に関西経済連合会の副会長、20年には国土交通省国土審議会委員に就任。

  • 八木 早希 氏

八木 早希 (やぎ・さき)
1978年アメリカ・ロサンゼルスで生まれ、大阪・阿倍野で育つ。2001年毎日放送に入社。11年にフリーへ転身。日本テレビ「NEWS ZERO」キャスターを経て、現在は政治家、著名人へのインタビュー活動、国内外の取材、講演活動などを行う。「NHKぐるかん」等レギュラー出演中。

申し込みの受付を終了しました。

アクセス

グランフロント大阪ナレッジシアター(大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪 北館4階)