トップ > 講師紹介

講師は、全員がベテラン記者です。事件記者や経済記者、海外特派員、地方支局長など経歴は多彩で、記事の執筆や添削、幹部・若手の指導に豊富な経験を持っています。ほかにも、広告や事業、写真撮影を担当した講師の派遣もできます。

 戸田 博子 Hiroko Toda


文章の書き方 広報リリース 経済記事の活用法  質問力

PROFILE

経済分野を中心に、記者やデスクとして25年にわたって活躍。激動する経済環境を生き抜く、数多くの経営者に対して、成長戦略や企業再生策を取材してきた。社会人や大学生に必要な経済の基礎知識をわかりやすく説明する研修は、「経済記事が楽しめ、仕事や就活に役立つ」と好評だ。広報宣伝部長を3年務め、「取材する側」と「取材される側」の両方を経験しており、情報発信やリリース作成についての具体的で厳しい指導も人気を集めている。記者経験に加え、中小企業診断士、MBA(経営学修士)の知識も生かして、企業や大学の人材育成を多角的に支援している。

コロナ禍で、企業や官公庁の直面する課題が大きく変化しました。ただ、成長のための人材育成の重要性は、ますます高まっています。デジタル時代こそ、効率的に、質の高い情報を収集しなければなりません。「新聞のちから」委員会の研修を活用して、激動の時代を生き抜く力を鍛えてみてください。

 霜田 聖 Sei Shimoda


文章の書き方 メールの書き方 プレゼン力 表現力

PROFILE

運動部の記者やデスクとして20年余り。プロ野球(阪神、オリックスなど)はもちろん、高校野球や陸上競技などのアマチュアスポーツの担当をしてきた。海外での取材経験も豊富で、2004年オリンピック・アテネ大会に出向いたほか、アメリカ・ロサンゼルス支局に約3年間勤務し、当時大リーグでプレーしていたイチロー選手、黒田博樹投手らが活躍する姿を発信し続けた。スピーディーで迫力ある講義に対して、受講者からは「研修直後からレベルアップを実感できる」という声も届く。スポーツの取材は速さ、正確さが問われるうえ、記事を書く際には幅広い世代にわかりやすい表現で書くことが求められる。そうした緊張感のある現場で培ってきたノウハウを惜しみなく受講者に伝授する。

20年以上運動部に在籍し、様々なスポーツを取材してきました。スポーツ記事は幅広い世代の方が読まれるので、中学生から高齢の方まで、読みやすくわかりやすい原稿を書くように心掛けてきました。その経験をお伝えしたいと思います。

 野津手 重信 Shigenobu Nozute


文章の書き方 新聞の読み方 雑談力 コミュニケーション力

PROFILE

大阪社会部や、徳島、京都、高松で官公庁や裁判取材のほか、環境問題を担当し、数多くの記事を執筆してきた。その後、取材記者の原稿をチェックし、直して紙面に掲載する「デスク」業務を長年手がけた。熟練した手腕で、多くの若手記者を最前線で活躍する記者に育ててきた。福山、大津、広島、京都で総支局長を務め、地域の現状や課題にも詳しい。大阪本社で編集局次長として、日々の紙面の制作を指揮した。32年の記者経験を生かした、わかりやすく、丁寧な講義が好評で、新人研修から幹部講義まで幅広く親しまれている。受講の満足度が高く、連続して指名する企業も増えている。

32年間の記者生活のうち、大半を総支局と社会部で過ごしました。取材の最前線で日々起こる出来事を、素早く的確に報道することを目指してきました。その経験を踏まえ、わかりやすい文章を書くコツや新聞の活用法をお伝えします。

 瀧上 和世 Kazuyo Takiue


要約力 SNSでバズる文章の書き方 広報誌の作り方 コミュニケーション力

PROFILE

松江支局で新人記者時代、事件や教育問題などを取材した後、紙面の割り付けや見出しなどを決める大阪編成部へ。文化・芸能から生活、社会、経済など多くのページを幅広く担当し、読者に伝わりやすい見出しと美しいレイアウトで知られる。講義では、優しい語り口と明確な指導法で受講者を魅了、何年も連続して講師として指名する企業も多い。また、小中学生から高校生に論理的な読み書きを教える「ロジカルリーディング・ライティング講座」も担当。子どもたちからも「内容がわかりやすい」「文章力がついた」と厚い支持を得ている。

編成記者20年。伝わる見出しと美しいレイアウトにこだわってきました。新聞の最初の読者として原稿にダメ出しすることも。見出しを意識してコミュニケーション力を磨きましょう。

 伊東 広路 Kouji Itou


写真撮影のコツ 新聞編集について 教育現場での新聞活用

PROFILE

写真部でカメラマンとして事件、事故や有名人へのインタビューなど数多くの現場を経験した後、2015年から広報宣伝部で学事支援を担当。研究熱心で、学校現場に寄り添った中身の濃い「新聞活用」の授業が人気を集める。現場の教師、校長、教育委員会の評価も高く、各地の学校からの依頼が引きも切らない。広報誌やSNSなどで効果的に情報発信できる写真の撮り方など企業研修も数多くこなし、受講者から「写真の世界が広がった」と称賛されている。日本NIE学会正会員。

写真取材の現場で得た経験などから、職場や地域での情報発信のこつを伝えたいと考えています。撮影や読み解きを通して、「百聞は一見にしかず」の画像活用法、交流を広げるコミュニケーションツールとしても期待値は大です。

  • お知らせ