トップ > 研修の実施例 > 読売テレビエンタープライズ

最新トレンド逃さずつかむ 読売テレビエンタープライズ(大阪)

 コンテンツビジネスや広告代理業、イベント運営などを手掛ける、読売テレビエンタープライズ(本社・大阪市)は、管理職、中堅社員ら8人を対象に、ちから研修を2022年に初めて導入しました。うち2人は、テレビ会議システムを使って東京支社から参加しています。トレンドに敏感な業界だけに、情報の収集力や伝達力をさらに磨こうと、受講者の熱心さが際立っています。

 6回講座の初回は、「新聞の読み方」がテーマです。受講者のニュース感度は高いものの、詳しい話題がスポーツやエンタメなどに偏りがちであることがわかりました。新聞全体の構成を意識し、新聞が持つ「一覧性」の強みを理解した上で、国内外のニュースを素早く理解する手法を身につけました。

 8月9日に開かれた2回目は「伝わる文章の書き方」。新聞記事に見出しをつけるワークなどを体験した受講者は「伝えたいことの優先順位を意識するよいトレーニングになった」、「今後の業務に生かせる」と話していました。引き続き、多角的なアプローチで研修を続けます。

2022年8月9日

  • お知らせ