トップ > 研修の実施例 > 西尾レントオール

新入社員117人が「ビジネス文書の書き方」など学ぶ 西尾レントオール(大阪)

 総合レンタル業の西尾レントオール(本社・大阪市中央区)の新入社員117人が、2022年4月4日、「新聞のちから」委員会の研修を受講しました。

 研修会場となった大阪市内のホテルに二人の講師が出向き、新入社員は二組に分かれて「新聞の読み方」のほか、「伝わる文章の書き方」「メール講座」などの講義を受けました。講師と双方向のやりとりが活発に行われ、社会人として活躍するための基礎となる文章作成の手法など、幅広く、深く学びました。

 ワークでは、実際の新聞記事に見出しをつけたり、課題のメールを読んで表現などで間違っているところを見つけたりしました。真新しいスーツに身を包んだ新入社員たちは、真剣な表情で課題に取り組んでいました。

 研修後は「新聞の読み方のポイントがよくわかった」「報告書を書く時は、今回の文章講座の内容を思い出したい」「メールの書き方を一から教わり、これから仕事をするうえで必要となるスキルを学ぶことができた」などの感想が相次ぎました。

2022年4月4日

  • お知らせ