トップ > 研修の実施例 > リコージャパン関西

効率の良い「新聞の読み方」を学ぶ リコージャパン関西MA事業部(大阪)

 リコージャパン株式会社関西MA事業部(大阪市)は、2021年11月12日からオンラインを使った「新聞のちから」研修をスタートしました。

 同事業部では「新聞の読み方」「文章の書き方」「メールの書き方」の3講座の導入を決定。「新聞のちから」委員会事務局講師がTeamsを使って、各地のオフィスなどにいる受講者に向けて講義を行うこととなりました。

 初日の「新聞の読み方」講座には、20~40歳代の社員26人が参加。クイズ形式で新聞から情報を探すワークを行い、その情報量の多さを実感しました。その後、講師から効率よく、かつ的確に新聞を読むコツを学びました。最後に、自分の気になった記事についてそれぞれ発表しました。「与党が所得制限を設けたうえで、18歳以下に10万円を支給することを決めた」という記事を紹介した受講者は、「本当に困っている人に配布すべきではないか」「所得制限があるのは不公平だ」などと、記事を引用しながら自分の考えをしっかりと語っていました。ほかにも「政府が緊急提言に看護や介護、保育職の賃金引き上げを盛り込んだ」という記事などが取り上げられ、参加者たちは画面に向かってうなずきながら、それぞれの意見を熱心に聞いていました。

 12月には「文章の書き方」、2022年1月に「メールの書き方」講座を行う予定にしています。

2021年11月12日

  • お知らせ