トップ > 研修の実施例 > ゼブラ大阪支店

「簡潔に」「礼を失せず」「見栄えよく」書くメール講座 ゼブラ大阪支店(大阪)

 ゼブラ株式会社大阪支店(大阪市)の営業や事務などの社員18人が20211110日、「新聞のちから」委員会の研修を受講しました。

 2019年の「新聞の読み方」、20年の「文書の書き方」に次いで3回目。今回は「メールの書き方」について学びました。

 最初に、ちから委員会事務局の繁村一男講師がクイズ形式で「間違いやすい慣用句」について説明。その後、2つのワークをしながら、社外宛て、社内向けメールそれぞれについて、伝わりやすい書き方のコツを学びました。受講者は意欲的にワークに取り組み、講義の最後には、質問も相次ぎました。

 講義の担当者は「受講者がワークなどに主体的に取り組める、参加型の講義が良かったです。内容も分かりやすいと好評でした。これまで間違ったマナーや言葉遣いをしていたことに気づいた人も多く、非常に満足しています」と喜んでいました。

2021年11月10日

  • お知らせ