意外に悩ましい便秘薬選び。その疑問や「仕方ない」、解決しませんか?

外出自粛期間中に「巣ごもり便秘」が話題になったように、健康的なお通じのリズムを乱さないことはとっても大切です。
便秘薬も、自分の生活ペースが乱されることなく、お通じのリズムが改善できるものを選びたいもの。
自分に合った量を服用し、排便のタイミングが分かれば、今まであきらめていた「仕方ない」を解決できるかもしれません。

  • 漢方の便秘薬って自分に合うか分からなくて…。私に効くかしら?
  • タケダ漢方便秘薬なら、
  • 体質や体力に関わらず服用できます

タケダ漢方便秘薬は、生薬の「大黄」と「甘草」を配合した漢方処方「大黄甘草湯(だいおうかんぞうとう)」の便秘薬。漢方薬は自分に合ったものを選ぶことが大切ですが、タケダ漢方便秘薬の場合、体質や体力に関わらず、お試しいただけます。

※必ず最小量から服用を開始してください

  • いつ便意が訪れるか分からず、予定がない日にしか便秘薬をのめない!
  • タケダ漢方便秘薬なら、
  • 排便タイミングが予測できます

排便タイミングが分からないと、大事な予定を入れられませんよね。タケダ漢方便秘薬は、就寝前にのめば、通常8〜10時間後の翌朝に自然な便意とともに穏やかなお通じが得られます。自分のペースを崩すことなく、健康的な排便リズムを取り戻しましょう。

※個人差があります

  • しっかり出したいけど、なるべく体に負担をかけたくない…
  • タケダ漢方便秘薬なら、
  • 自分に合った服用量に調節しやすい

タケダ漢方便秘薬は、漢方の力によって自然に近いお通じを促します。また、錠剤には割線が入っているので、半錠ずつ7段階(15歳以上の場合)の服用が可能です。軽い便秘から頑固な便秘まで、症状に合わせて適切に調整しやすくなっています。