前向きな50代女性〝ポジフィフ〟を応援する連載企画の第3回は、いつものお洗濯が、パパッと手間なく、しかも思い通りに仕上がる方法について。「毎日の暮らしを楽しんでこそ、輝ける」というアナウンサーの渡辺真理さんに、日頃のお洗濯の悩みや、小さなストレスを解消することで生まれる心のゆとりについてお話を伺いました。

 「50代って、自分は何が好きか、どうすれば心地よく感じるか、ようやく自分との向き合い方が分かってくる年齢だと思うんです」と、今年50歳を迎える渡辺真理さん。「だから、落ち込んだり疲れたりしても、気持ちを立て直すのが少し上手になってきますよね」。渡辺さんは、そんなリセットのきっかけを「日々の家事に見つける」といいます。「家事って、根本的に大変ですよね。私はまったく得意じゃないです(笑)。でも、その単純作業が実はストレス発散になったり、洗濯物のお日さまの匂いでちょっと気持ちが晴れやかになったり、家事にはそんな不思議な力も感じます」。日常の中の小さな楽しみ。それが、渡辺さんを輝かせるマジックです。

 小さな楽しみが気持ちを上向きにしてくれる一方、自分でも気付かないほどの小さなストレスでやる気を失うことも。例えば、洗剤。「母がずっと使っていたので、それがうちの定番でした」という渡辺さんは粉洗剤を習慣的に使っているものの、思い返せば、「湿気で固まったり、きちんと溶けていなかったり、箱の隅の洗剤が取りきれなかったり」さまざまなプチストレスを感じている様子。かといって、液体洗剤は、「容器のキャップのベタベタや、液だれが気になって」。「そういえば、汚れによって漂白剤を使ったり、部分洗いをしたり、部屋干しのニオイが気になったり、お洗濯って小さなストレスだらけかも」と渡辺さん。気付いた今、洗剤を見直す良い機会かもしれません。

※1 100種の汚れリストはこちらから。 ※2 平均洗濯物量(P&G調べ)時 ※3 当社抗菌濃縮液体洗剤に比べて。湿った状態で頑固なニオイ菌の増殖を防ぎます ※4 実際のプラチナは含まれていません ※5 消臭されたキレイな香り

 最近の洗剤は目覚ましい進化を遂げていて、100種類の汚れを一発洗浄(※1)する液体洗剤の「アリエール」や、新開発・部屋干しのニオイを解消する「緑のアリエール」、柔軟剤も含まれた香りの良い「ボールド」など、優秀な洗剤が多彩にそろっています。なかでも最先端をいくジェルボールは、粉でも液体でもなく、つまんでポンッと洗濯機に入れるだけ。「計量する手間も、手が汚れる面倒もないなんて」と目を輝かせる渡辺さんですが、さらに、一粒で洗浄力はもちろん、抗菌や消臭にも効果があると知って、「漂白剤いらずで部分洗いや洗い分けが必要ないなんて、すてき!早く知っておきたかったです」と感激。「我が家のように共働きで、仕事の時間も不規則だと、空いた時間に家事がパパッとできるのは何よりありがたいこと。しかも、つまんで〝ポンッ〟なんて、ちょっと楽しくていいですよね。こういうささやかな余裕や楽しみこそ、心にゆとりをもたらす小さな魔法なんですよね」

 いかがでしたか。次回第4回は、引き続き渡辺真理さんにご登場いただき、「好印象をつくる〝上質な香り〟の秘密」をテーマにお話を伺います。

《 P&Gの想い:02 》 ~ 暮らしの安心のために ~

「安全な飲み水を 世界中の子どもへ」という活動を2004年からグローバルに展開しています。世界には、安全な飲み水を手に入れることが困難な人々が10億人近くおり、不衛生な飲み水が原因で毎日約1000人の子どもが命を落としています。P&Gは米国疾病対策センターと共同開発の「P&G簡易浄水剤」を、安全な飲み水が恒常的に手に入らない開発途上地域や、災害や紛争時の緊急支援物資として提供しています。社会貢献団体など150以上の社外パートナーと協力し、85か国で活動を行ってきました。

P&G企業サイトへ